賃貸物件の家賃を滞納した場合、トラブルになります。家賃滞納時の借主の対応と、借主の対応について説明いたします。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

賃貸物件において、家賃を滞納した際の対応について説明いたします。貸主にとって家賃を滞納した時の感覚としては、ついつい忘れてしまい申し訳ないと思う、また来月まとめて支払えば良いという感覚を持っている方もいます。最近は賃貸契約時に家賃の支払方法を銀行引落しにしなければならないという制限が設けられているケースもあります。しかし、銀行引落しの設定をしたとしても、その口座に入金することを忘れているケースも多く、家賃滞納は防げないのです。

貸主からするとたった一ヶ月でも家賃を滞納されては、そのお金を他の目的で支払うためのお金にしているかもしれませんので、大変困った事態になります。重要な項目としては、仮に1ヶ月でも家賃を滞納した場合は、遅延損害金や、遅延した家賃分の金利を請求するという契約内容が盛り込まれているかどうかです。一般的には遅延した家賃の金利分は支払う義務があり、明確には1ヶ月滞納した段階で支払うとする内容の契約もあるため注意が必要です。通常ら3ヶ月滞納が続く場合は、督促状などが届き、それでも対応しない場合は訴訟を起こし、賃貸借契約を解除し、具体的な明け渡し請求をされることまで想定されます。

一番してはいけない対応としては、貸主からの家賃、滞納金利分の請求に対して無視し続けることです。1ヶ月でも家賃を滞納した際でも貸主に対して、払えない理由や今後の支払いについて相談することで、トラブルになることを防げます。不誠実な対応は連帯保証人や保証会社にまで迷惑をかける事態になりますので、十分に気をつけましょう。

比べてお得!