日本の賃貸物件は供給量が需要より多くなっており、特別なコンセプトを持った物件でないと入居者が集まりません。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

増えるコンセプト型賃貸物件

日本は現在少子高齢化が進んでおり、人口も減少傾向にあります。そんな中、住宅環境においては供給量が需要量を上回っている状況が長くつづいています。新築分譲マンションに限らず、賃貸物件においては特徴のない物件は見向きもされない時代がやってくるかも知れません。都市部では立地面で需要がある状態が続くでしょうが、地方では過疎化が続くと最悪の場合はゴーストマンションが出来てしまい、治安面においても危険な状態になることが危惧されています。

これからの賃貸物件には特別なコンセプトがもって建てられた物件が人気となりつつある傾向にあります。具体的には同じ趣味を持った人が集まりやすい物件や、アニメや童話などの作品のテイストをインテリアに導入した物件などが人気となっており、コミュニティの醸成を促す仕掛けが盛りだくさんです。このような賃貸物件は都市部で試験的に建てられていますが、今後はこのようなコンセプト型賃貸物件は爆発的に増える可能性もあります。普通に生活する分には家賃の値段が気になるところですが、趣味を賃貸物件に関連づけることで、少々高い家賃でも満足度が上回るため、入居者もなかなか離れない傾向があります。

今後も多種多様なコンセプト型賃貸物件が登場し、賃貸市場がすっかり様変わりするのも時間の問題かもしれません。