賃貸物件を選ぶ際には、間取りや内装だけでなく周辺の環境などいろいろな点に着目して吟味する必要があります。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

失敗しない賃貸物件選び

賃貸物件はインターネットで簡単に自分の指定した条件をもとに検索することが可能ですが、そこから得られる情報というのは物件の外観や内装などの見た目と家賃や敷金礼金などの金額的なものだけです。その物件の周辺の環境の実態や、他の住人の様子などは実際に現地を下見にいかなければわかりません。気になる物件が見つかったら、まずは仲介業者を訪ねて実際にその物件を見にいきましょう。外観や内装などのチェックが終わったら、周辺環境も必ず確認しておくようにしましょう。周辺の道路事情などは物件に住み始めた際に不便だと気づくことも多いので注意したいところです。子供がいる家庭では、物件の前の道路の交通量なども確認しておくと、子供の安全のためにも良いでしょう。時間帯によっても交通量が変わるケースがあるので、できればもう一度下見をしておきたいものです。

近所の住人の情報に関しては、なかなか出ることが難しいのですが駐車場や駐輪場の様子などからある程度推測することができるでしょう。いかにも素行が悪そうな車やバイクが多くとまっている場合、騒音に悩まされるという可能性もありますし、そのような場合ご近所付き合いがうまくいかない可能性も考えられます。実際に会ってみなければわかりませんが、そのようなことを予測することも大切です。

比べてお得!