賃貸物件を借りる際の敷金や礼金は、前者は戻ってくるお金でありますが、後者は戻って来ないお金です。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

賃貸物件を借りる際の敷金や礼金の知識

賃貸物件をこれから借りようと思っている方は、まずは敷金についての知識を知っておくことから始めると良いと思います。敷金というものは、簡単に言ってしまえば、保証金のような意味合いをもちます。この保証金の意味ですが、これはほとんどのケースでは、退去する際の修繕費用に充てられることがほとんどです。また、家賃滞納に関する保証金ということも言えますが、近年は大家さんが借主側を念入りに調査するため、そもそも家賃を滞納しない優良な借主を選んでいますので、家賃滞納の問題は少なくなってきています。むしろ、退去する際に部屋の汚れや破損などの問題の方が多くなってきています。ですから、敷金は退去する際の修繕費用に充てられることがほとんどということになります。また、敷金は家賃の滞納がなかったり、部屋を綺麗に使って修繕費がほとんどかからないようであれば、敷金は退去する際に戻ってきます。

なお、礼金に関して知っておきたい知識は、こちらは敷金とは違い家賃を滞納しなかったり、部屋を綺麗に使って修繕費がほとんどかからなかったとしても、退去時に戻って来ないです。それは、礼金は大家さんに部屋を貸して頂いたというお礼のお金なので、戻って来ないお金だからです。