ビルやマンションの建設で日差しがさえぎられるなど、環境の変化があった場合には、ほかの賃貸へ移ることも考えたい。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

日差しの減少などの環境の変化に伴う賃貸の引越し

賃貸物件への入居を決めた決定的な理由もあるはずです。その中にはたとえ小さくても庭があってガーデニングができたり、しっかりと洗濯物が乾かせるからということもあるでしょう。また部屋の中まで太陽の光が差し込み、とても健康的な暮らしができるとともに、日中は自然の光だけで十分で、節電もできると期待したこともあるかもしれません。

そのような物件の立地や日当たりが賃貸物件への入居の決め手であったにもかかわらず、マンションやビルが建つことで物件の契約の決め手にもなった日差しがさえぎられてしまうことがあります。入居当時は隣が更地の状態で特に何も計画がされていないので入居を決めたということもあるでしょう。日差しを遮られてしまうと、この物件で暮らしたいと思った最大の理由が損なわれてしまいます。

もちろん建築基準の範囲で物件が建てられるわけで、何ら問題のあることではありません。しかし隣に入居しているものの立場からすると、日差しがさえぎられる時間が多くなり、暮らしの快適さが損なわれることになってしまいます。そのような状況でストレスを感じるよりも、他の賃貸物件を探してより快適に暮らすことを考えたほうが健全といえることでしょう。