賃貸物件探しにおいて、現地確認をする際に押さえておきたいチェックポイントについて説明いたします。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

賃貸物件の内見チェックポイント

賃貸物件を決める際には必ず現地見学を実施することが重要であり、その際に是非確認しておきたいチェックポイントについて説明いたします。現地見学をしっかり行うことで、入居後に後悔しないようにすることが重要です。まず持ち物について必要なものを記載します。筆記用具、メジャー、コンパス、物件情報、ノート、デジカメなどがあれば現地確認においては十分です。

それでは重視しておきたいポイントとして、共用部の管理具合、駐車場・駐輪場の状況、防犯性についてはマンションの特性を確認するうえで非常に参考になる項目です。特に共用部の管理に関してはマンションの美観やイメージにも関わり、それが治安の良さにも繋がるため大切なチェックポイントになります。その他のチェックポイントとしては周辺環境についての項目となります。医療機関や小学校や中学校などの学区、スーパー・商業施設などの有無と、駅までの距離、また周辺道路の騒音の有無や、悪臭などの環境面でのチェックが重要です。

最近は不動産会社のホームページなどで、物件を確認する際のチェックリストなどを閲覧またはダウンロードが出来る状況ですので、このような資料をうまく活用し、自分にとって最適な、公開のない物件選びをしましょう。