賃貸物件のオーナーの収益は基本的に入居者からいただく家賃がメインですが、その他の収入も見込めます。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

賃貸経営におけるお小遣い稼ぎ

賃貸物件のオーナーの収益源は基本的に物件に入居している方の家賃となっています。賃貸物件オーナーは物件を建築した時の建設コストで費やした支出分を、入居者の家賃収入分で返していくために、空室を出さないように経営していかなければなりません。新築時は入居者を集める苦労はさほど大変ではありませんが、10年を越えたあたりから、周辺の新築物件や入居者の入れ替わりなどの要因が発生し、空室を埋める難易度は高くなってきます。

このように家賃収入を継続的に得られるようにすることは並大抵の努力では実現できず、その他の収入源を作ることが賃貸経営においては非常に重要となります。具体的には敷地にスペースがある場合は自動販売機を設置し、売上げを出す方法や、掲示物を貼り出すスペースがあれば、そこに飲食店や各種サービスなどの広告を募集し、広告料を徴収する方法などの収益源が事例として存在します。また屋上に携帯電話キャリアのアンテナを建てることを了承するだけで、毎月一定額の収入が得られる事業もあり、余ったスペースを最大限活かすことが、安定的な賃貸経営にとって肝となります。このように賃貸経営は、家賃だけが収益という発想に固執することから脱却し、土地と建物という資産を最大限に活用する方法を模索することが重要です。

比べてお得!