賃貸住宅で暮らすことは、マイホームの購入よりも経済的なメリットがあるので、私は生涯賃貸で暮らそうと思います。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

賃貸住宅とマイホームの比較

賃貸住宅で生涯暮らすか、マイホームを取得するかは、悩ましい選択です。多くの場合は購入できるならばマイホームが欲しいという気持ちがあると思います。なぜならばマイホームは自分自身の資産になりますし、自分の所有物という満足感を得ることが出来るからです。しかし土地を相続しない人にとっては、一戸建てを購入する場合には土地と建物を購入する必要があります。そのために住宅取得費用は大きな金額ですので、普通は住宅ローンを組んでマイホームを購入することになります。

このようにマイホームを購入する場合には、住宅ローンという名のマイホームを担保にした多額の借金が発生します。安定した収入を得ることが出来る職業の人や、手に職を持った人の場合はともかく、私のような一般的な会社員の場合には、大きなリスクを背負う事でもあります。一方で賃貸住宅の場合は、理想的な住まいを賃貸住宅で実現することは難しい面がありますが、借金を抱える必要がないので経済的なリスクを軽減することが出来ます。また収入が低下した場合は、家賃の安い物件に引越しをすることで、生活費を捻出することが出来ます。特に公営住宅に入居すると、分譲マンションの維持管理費や固定資産税程度の金額で入居をすることも可能になります。マイホームには所有する満足感がありますが、私は経済的なメリットがある賃貸住宅で生涯暮らそうと考えています。

比べてお得!