賃貸物件で見落としがちな敷地内チェック。そもポイントをを3つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

賃貸物件で敷地内をチェックする時のポイント

賃貸物件を探す時には敷地内のチェックも欠かせません。室内にばかり目が言って見落としてしまう点でもあるので、これを機に考えてみてはいかがですか?1つ目は自転車置き場です。場所や広さのチェックをしてください。大家さんによっては駐輪代をとる場合もあります。またスクーター(オートバイなど)は駐輪禁止の場合もあるので、不動産屋さんに確認を取った方がいいですよ。さらに屋根があるかないかもチェックです。

2つ目は駐車場です。駐車場を物件と一緒に借りても、近隣の場合と敷地内の場合では大きく違います。どこにあるかは必ずチェックしましょう。また敷地が砂利なのかコンクリートなのか、もしくは土なのかも念のために見ておいた方がいいです。一般的にはコンクリートの方が好まれますが、砂利や土の場合が駐車場が安いというメリットがあります。さらに大きい車を持っている場合は、隣との間隔も確認しましょう。せっかく借りても出し入れに苦労するようでは、もったいないですよね。同時に隣に大きな車がないかどうかもチェックです。

3つ目は近隣住人です。あまり隣の様子を見るのは失礼に当たりますが…玄関の様子やベランダの雰囲気などで、子供がいるかいないか、男性か女性かなのかを確認できます。しつこく聞くと嫌がられるので、どうしても気になる時は不動産屋さんに直接聞いてみるといいですよ。

比べてお得!