賃貸物件には賃借契約後の1年?2年周期で更新料が発生する物件があり、その概要について説明いたします。

すぐにほかの物件に移れる賃貸物件
すぐにほかの物件に移れる賃貸物件

賃貸物件における更新料

賃貸物件に入居してから1年後?2年後に継続して入居する際には更新料が発生するケースがあります。全ての賃貸物件に更新料が必要というわけではありませんが、関東や関西の京都などは、賃貸物件を継続して借りるために更新料が発生することは一般的です。更新料の具体的な金額は家賃の1?2ヶ月分が相場であり、大家さんと借主の間に不動産会社がいる場合は更新手数料も必要になるケースもあります。更新料については賃貸借契約書に記載され、契約を結ぶ前の重要事項説明時にも内容を説明するのが一般的ですので、契約内容を忘れた方は契約書を確認してみましょう。

また、更新料は法律で支払うことが定められているわけではありません。地域的に慣習として昔から設定されているものであり、大家さんに支払う礼金のような取扱いであると考えられます。契約期間が満了する数ヶ月前には、更新料に関するお知らせが届き、いつまでに更新料を払ってくださいと書かれてあることが一般的です。契約書には更新時の更新料として家賃の1?2ヶ月分を借主から貸主に支払うと書いてあるでしょう。法律で支払い義務を決められたわけではありませんが、最初に賃貸契約を結んだ時点で、どういう内容になっていたのかを十分に確認しておきましょう。

比べてお得!